「 2017年12月 」一覧

2017

にゃーん。

 

 

…流石に去年のように締めくくるのもアレなんで、今年良かったモノでもまとめましょう。

千年戦争アイギス

↑万年副官帝国キュウビちゃん。かわいい。

去年10月から始めたソシャゲ…というよりはガチャありきのブラウザゲーですが、今年一杯皆勤賞。ログボを切らす事なく1年を通して遊ぶことが出来ました。

スマホでも出来るゲームとしては1年以上プレーしたモノは無い…筈なので最長ですね。
課金額もぶっちぎりですが……

 

改めて紹介すると、アイギスはゲームジャンル的にはタワーディフェンスですが、何と言ってもゲーム性がしっかりしている所がやはり魅力だと感じます。
難度も(無駄にガチャして戦力を跳ね上げなければ)手応えは十二分。
(例外として、魔神討伐は非常に難度が高いが…)

また他のソシャゲなんかと比べると、リトライに使用した石の数はかなり多いです。
(ミッション失敗時点からの復活は出来ないため、ここで言うリトライはミッションの再挑戦。またアイギスでは置き方次第で何とかなる感が強いので、リトライに石を砕く抵抗があんまり無いですね)

 

タワーディフェンス(以下: TD)といえばそんなに経験のあるジャンルではないですが、例えば自分がプレーしたモノですと、ねんどろいど惑星、Sanctum、御城プロジェクト、Orcs Must Die!, Dungeon Defenders, Defender’s Quest、…あとはYahooとかにあるゲームを触った程度ですが、アイギスはこの中に含めてもそこそこ特徴の強い内容となっています。
(まあ、SanctumやOMDとかDDはそもTD+TPSだしこれも特徴は強いですが…w)

 

今更感は強いですが、アイギスの特徴について改めて並べてみる _(:

1. RPG的な具合に、攻撃役と回復役がある。

↑アーチャー(遠距離攻撃ユニット: 右)と、ヒーラー(遠距離回復ユニット: 左)を置いた図。

一般的なTDでは割と攻撃役は敵から攻撃を受けないためヒーラーという概念が無いのが多いイメージなのですが、アイギスでは普通に攻撃されるのでヒーラー役を置いて倒されるのを阻止する必要があります。

んで、アイギスの場合はキャラによってクラスがことなり、例えば回復役では

・同時3体まで回復出来るが、回復力が通常のヒーラーに劣るクラス
・状況に応じて攻撃も行えるクラス
・近接マス(後述)に置けるクラス
・使徒するトークンユニットを用いて回復行動をさせ、自信は攻撃をするクラス

といった分岐をし、攻撃役では射程に差があったり、防御力を無視したり、範囲内に同時攻撃をしたり、多数の敵を足止めしたり、短期間の間だけ爆発的な火力を出せたり、回復が出来ない代わりに強力な性質を持っていたり…と、多彩なクラスがあるのも魅力です。

それに華を添えるのがキャラごとに持っているアビリティとスキルで…汎用的に使っていけるものや、使いにくいが刺さる所には刺さるもの、特定のキャラと組ませる事で強力になるモノもあれば、中々使い所が浮かばないものまで様々です。

 

新キャラが出たら、
どういう所で使えるか…この編成に組み込もうか…と思案するのも楽しいです。
新クラスなら、使ってみたい欲が出てしまうのもこのゲームの特徴です(´q`

 

2. 近接ユニットと遠距離ユニット


↑ケイティ先生(チュートリアルクリアで早々に貰えるキャラ)を出撃

大抵のTDには無いのですが、アイギスには近接ユニットという概念があります。
大きな特徴としては、地上から来る敵の侵攻を完全にブロックする事が出来ます。
(城プロも近接はあるんですが、ブロック出来るのはかなり一部…?)

ただしクラス毎に同時にブロック出来る数が変わりますし、ブロック中はひたすら殴り合いなのでヒーラーは一部を除き必須。ブロックしながらどんどん倒していけるクラスもあれば、攻撃力の高い敵もブロック出来る代わりに、倒すのは周囲の味方任せなどなど、これまた色々あります。

ガッチリとブロックしてヒーラー満載で攻撃を耐えきってクリアするか、殲滅力を上げて対応するかなど、考える所が増えるので良いですね。

 

3. 特徴の強いキャラクター

例えば城プロをプレーしてると
「この子とこの子はステとコストがちょっと違う程度かなあ…」という事がままあるのですが

アイギスの場合はクラス毎に結構な差がある他、同一クラスでもスキルとアビリティで結構な差を付けているケースが比較的多いように感じます。

…まあ、クラスごとの人数がそこまで多くなく、クラス自体が多いのはありますが。

 

ちなみに一番上に貼ったキュウビちゃんはこんなキャラクター。

・クラス特性: ブロック数2、ブロック中の敵を同時攻撃、物理攻撃を50%で回避
・アビリティ(一部): 帝国出身ユニット死亡時、撤退扱いにする
・スキル: 自身を永続的に強化(5回まで強化できるため、フルパワーまで時間を要する)

スキルでのフルパワー状態は全ユニット中トップ2くらいのステータスがあるため非常に強いが、如何せんスキルを5回点火するのに時間が掛かるのが難点。クラス特性により必要コストは低いので序盤にリリースも可能。

ただし魔神クラスのブロックには、防御及び魔法耐性の面でもっと適任のキャラが居る。

…そのキャラが最高レアリティでは無い点がまたアイギスの良い所、でしょうか。
※ちなみにキュウビちゃんは最高レアリティの黒(☆6)

 

4. その他。

箇条書きで…

・1ステージ中での1キャラ(タワー)を強化する機能が無い(城プロで言えば巨大化)
・1ステージ中でキャラを撤退または死亡させると、そのステージでは再出撃出来なくなる
→ この辺は、そういえば他のTDだとあったなあ…という所。

・拘束時間は短い(スタミナが尽きるのが早くイベントも割とすぐ終わるモノばかりとも取れる)
・スマホ版でもアカウントを共有出来る
・ソーシャル要素は一切なし(フレンドも無いので、他人のリーダーユニットとか興味ねえよ!と思ってる人にもオススメ)
・限界突破システムなし(重ねてコストを下げるシステムはあるが、あまり重要ではないし代替手段もある)
・ボイス一切なし(割と古い方のゲームではあるので…)
・ガチャは割高(ただ、つい最近天井が実装された…!)

 

 

といった所でしょうか。
比較的古いゲームではありますが、DMM内でもランキングでは常に上位であるため終了の気配は無いし、ニコ生をたまにやれば「そんなに人居たの!?」って毎回なってる気がするので、実力は十分あるでしょう。興味があれば是非 _(:

 

自分はこの頃、どちらかと言えばキャラ欲が増えちゃっててよくない感はありますが(´-`

 

アズールレーン


↑秘書官はベルファストさん。ちなみにアイギスではエデンとバロウスは覚醒前絵にしてます。分かるよね?

そういえばここでは取り上げてなかったですが、そこそこプレーしてるソシャゲの1つです。
ちなみに鯖は横須賀。フレ枠だだ余りなので申請はご自由に _(:

簡単に表すなら7割程度艦これといったゲーム。大きく違うのはバトルパートが操作可能なシューティングライクで、羅針盤という大きな困りモノが無いところ。

キャラの入手手段や能力付けも艦これライクであるため、他のソシャゲと比べてガチャに掛かる額が非常に低くなりがち(*1)なのが非常に強力な所です。

*1: ガチャに必要なアイテムが毎日そこそこ手に入るのもそうだが、また新キャラがあっても強さで優遇されている感が薄く、現状あまり「この子は今絶対に欲しい」という気にならない(個人談)。またSSR排出は7%

代わりに購入可能なアバター要素が多いです。(コンシューマのDLCなんかと比較すると、個人的には内容の割にちょっと高いは否めないんですが。)

 

しかしながらこれでもトップセールスの10以内に入るから恐ろしいもので、一体皆どこでそんなに…と思う反面、排出1%だの何だのでガチャに強烈なウェイトを掛けなくてもこんなに売上が出る…!という凄みを見ることが出来ました。

広告展開にも力を入れているようで、時々ツイートを見かける事もあれば、地元のメロンにこの間立ち寄ったら店員から「アズールレーン」というワードが聞こえてくる(特設コーナーでも作ろうとしてた?)ので、ほんと中国(開発元)からの黒船来ましたね、これは。という感じです。

 

しかしながら中々こうキャラが尖っていて、台詞もそうですが
「全体的におっぱいおっきくないですか?(^q^」と個人的には思っているので結構人を選ぶではあろうと思います(まあ流石にダニエラやドルカほどある子は居ないけど…!(多分))

 

ゲーム自体は大体毎日する事が同じかつ複雑でもないため、ちょっと飽きが来やすいですが
特色あるシステムに話題性も十分で今後も中々楽しみです。

 

ちなみにこれも複数端末でアカウントを共有する事が出来ます。公式側でエミュレーターでのプレーを許可しているのでNoxでも同じ垢でプレーしてます。良いですね。

 

オーディンクラウン

これはまだリリースされていないゲームで、個人的に来年期待したいタイトルの1つです。

βには参加しませんでしたが、生放送を見たりする限りでは…

・ガチャのウェイトを低くしようとしている(キャラのレアリティによる差は特に無いらしい?)
・事前の成長要素を減らそうとしている(前回のβまであったが、廃止のアナウンスがされた)

というだけでも中々挑戦的な感じを受けるタイトルです。ゲーム内容自体も普通にMOBAしてるというか、ぶっちゃけLoLのような何k(うわなにをするやm

 

…国産でこの手のゲームってスマホ向けに括らずとも時々出てくるんですが、例えばガチャありきだったり、事前の成長要素が強かったり、システム(勝ち方)自体が良く分からんだったりと、何かしら爆弾を持っているのが大半で殆どが長く続いてない印象なので、これもどうなるかなあ…という点で意欲的なタイトルだとおもいます(上に挙げた2点もあるし)

 

ビジュアルもこっち向けって感じですので、頑張ってほしいですね _(:
現時点で言うなら、公式垢のツイートのRT/Favが少ないのが気にはなりますが…

 

結城友奈は勇者である


の、スロットの話。

ホール通いは3年くらい空けたあと、去年の末に相方に連れられて打ったシンフォギアで+2.8k(枚)した事で再熱したのがキッカケですが、まあその後は月2くらいペース…んで11月までに徐々に飽きて少しずつペースが減りながら過ごしてましたが…

この台により週1まで戻ることとなりました _(:

マイスロの類には登録してないので詳細は分かりませんが、おそらく5万G前後打ってる筈です。明らかにマジハロ5より打ってる。

ネットで見る評価は微妙(この手のモノだと個人の短期的な収支に寄る所もあるからアレではあるんですが)な所で、確かに通常時そこそこ苦しい台で、ホールで働く相方も曰く「大勝する台では無い」んですが、個人的には中々刺さる面白い台でした _(:

 

遊技機の辛いところは規制により、そう長く遊べない言わばナマモノという所なので、今のうちに楽しんでおきたい所です。(正直買っても良いくらいですが、置く所と…あと相場が高いのが最大の難点です…(現時点で30万もする…))

 

 

暫く打ってて気付いた事は、巷で言われる設定示唆の中に…これ違うんじゃない…?というのが1個あることですね。偶然かしら…

 

メイドインアビス

今度はアニメの話。

私個人はここ5年間でアニメを10本見てないレベルの痩せた人間なので、肥えた人間からするとどうなのかは分からない所なのですが、

最近Amazonプライムでふと見始めたところこれがとても良かった _(:

事前知識としてはユニークなキャラクターが1人居るという事しか知らなかったのですが、やはり事前知識が無いのは良いスパイスだと思いました。(君の名は。もファンタジー的な部分の知識が一切無かったまま見たので、初見でグッと来た事だし)

なのでここではこれ以上ノータッチ。是非見てください。

ちなみにコミック版が出てて、一応全部持っているのですが割と先行している事を知ったので読むのを止めてます。最初に見るのは映像作品ということで…。キャラが動いている様もそうですが、音楽も良かったので…

 

その他

他に期待しているモノといえば、やはり
・モンスターハンター: ワールド
・DISSIDIA FINAL FANTASY NT

の2本でしょうか。いまの所は。

…しかしながら今やPCでマルチする事が多いので、ハードが必要かつオンライン有料のPS4版のが逆にハードルが高くてちょっと嫌ですね。モンハンの方は海外ではPC版あるらしいですが、日本ではどうなるやら。

 

 

 

といった所でしょうか。今年も1年ありがとうございました。
にしても創作ほとんどしてない。。

頑張ろう。2018。