実機購入レポート

実機購入から1年半くらい経っている訳ですが、未だ何も情報出さずな始末。。

そんな中、世間ではアレがアレで実機を購入検討しようとしている人が結構居るみたいなのでようやく重い腰を上げてみました。(もうGWだしA-SLOTだと現在出荷まで4週待だったりでタイミング悪い気もするけど…)

目次:
これまでに買ったもの
販社について
実機を買う前に
実機の買い方
オプションについて
買って分かったこと、思ったこと
これからの家スロ計画
最後に
付録1: データカウンターについて
付録2: コンバーターの最適解を考える
付録3: 録画/配信環境について
付録4: プチ防音対策
付録5: 10円玉加工を加工
最後の最後に

これまでに買ったもの

1台目
パチスロ 結城友奈は勇者である
販社: A-SLOT
価格: 6桁円(本体のみの価格)
オプション: Aコンバーター4ch/コイン不要機Gold/10円玉加工/シンプルスタンド/スタンド用アクリルマット
思い出: 定期的にホール通いするようになった頃、かなり気に入って集中的に打ち続けた台。フリーズ(勇者BB)は計9回引いたが、購入して設定6を1万G打った所-5000枚という残念過ぎる記録を残した _(:3

2台目
パチスロ ウィッチクラフトワークス
販社: A-SLOT
価格: 3万弱(本体のみの価格)
オプション: Aコンバーター4ch/コイン不要機Silver/10円玉加工/シンプルスタンド/スタンド用アクリルマット
思い出: ゆゆゆよりは打ち込んでいないが、ホールでは絆リンクで8000減算して壊したのが印象深い(出たのは2000枚ではあるが、あのCZ連打は印象的)。MAX2万まで減算上乗せするらしいので是非見てみたいが何時になるやら……

3台目
パチスロ ロードオブヴァーミリオン (※5号機)
販社: A-SLOT
価格: 1万弱(本体のみ)
オプション: AコンバータSwitch/コイン不要機Silver
思い出: LoV:Reの独特の音に惹かれて、近所1台しか無かった台を打ち込んでから買った台。家では早々に皇帝in皇帝in皇帝で7500枚を出してくれた。ART消化に6時間くらい掛かった気がする…

販社について

見てのとおりA-SLOTでしか購入していないのですが、探すといくつか販社が見つかります。
特に誰から聞いたわけでも無いですが、A-SLOTについては
・恐らく最も「無難」な所だと思われる
・価格についてはやや高め(新台だと特に)
・オプションは豊富で、内容も分かりやすい
 (他の販社だとオプションはあれどイマイチHPからだとよくわからない事が…)

ちなみに今まで特にトラブルになったことは無いです。

あと購入した台の価格にかなりバラつきがありますが、実店舗での人気度やら何やらで大きく値動きします。またA-SLOTにおいては直近の売れ行き等も考慮し自動で設定しているような感じで、特に今だと普段3万で買える機種が徐々に値上がって7万を超えていたりもします。普段から値段はチェックするか、他の販社と比較しても良いかもですね。

※よく見てるところ → http://www.p-souba.com/
定価は50万前後らしいですが、人気の新台であれば中古相場が100万を超えることも…。

台評価が悪かったり、あとはリリースされてからだいぶ経って人気がなくなったり、あとは法令による設置期限を過ぎて実店舗には置けなくなった台だと大きく値が下がって、3万以下とかになります。

実機を買う前に

実機を買う前に気になる事といえば、騒音なり大きさだと思いますが…
ぶっちゃけA-SLOTのページ見てもらえると分かりやすいです

で、騒音については結構どうするのがベターか分からん!
という人向けに雑に説明すると

・設置場所付近の壁近くに他人の家が建ってる → コイン不要機買っとけ
・同居人が居る → 不要機とコンバータ買っとけ

で良いと思います。
アパートやマンションなら両方あった方が無難ですが、基本的に消せないリール音があるため、壁が薄いところだとオススメし辛いです。

実機の買い方

A-SLOTでしか買ったこと無いため、A-SLOTの回し者みたいな感じになりますが…

まあ買い方としては何ら難しいことはなく、ポチって終わりです。
何か書類が要るみたいなことも無いです。

ちなみに廃棄するときは回収してもらう必要があります。(A-SLOTなら0~6000円)
ゴミ捨て場に置くと不法投棄なのでご注意。

オプションについて

主に自分が買ったものついて。

■シンプルスタンド
ダンボールながら耐荷重は100kgらしい。
あまり安くて重いものを置けるテーブルって無い印象なので、自分は素直に購入。強いて言えば足元のスペースが少なく高さもそんなに無いため、ホールよりは若干窮屈な感じになる印象です。

■シンプルスタンド用アクリル製マット
シンプルスタンドがダンボール製なので、ちょっと乱暴に扱うと穴とか空きそうで不安なため購入。安く上げたいならホームセンターとかで買っても良いかも。

■コイン不要機
置き場所の防音性に自信がなければほぼ必須のアイテム
モデルはプレースタイルに応じてと言ったところ。
自分はコインプレーと半々で遊びたいのでゴールドお気に入りです。
(シルバーは付け替えがやや面倒)

■A-コンバーター
おすすめ度: 置き場所の防音性に自信がなければほぼ必須で、筐体の音を出来るだけ高音質で録音したい場合もオススメ。
筐体が何chか応じてコンバーターのch数も合わせるのがベターだとは思いますが、4ch以上の場合はそうでもない気がしてます(後述)

■DIGI-COUNTER
PCでデータを表示、または記録を取りたいならこれ。
ただし、付属のソフトはWinFormsで実装されているのが難点(後述)

■10円玉加工
普通のコインではなく10円玉でプレーできるようにしてもらえるオプション。
触らなくなった場合にコインの再利用が出来たり、あとは貯金箱としての運用も可能…!?
…なんですが、10円玉って銅なので手に匂いがつきやすく、また10円玉を大量に用意するのも中々大変で、1000枚程度でもなんだかんだ定期的に出し入れが必要なのでオススメし難いです。コイン不要機フル活用するならそもそも要らないし。

■コイン
10円加工も不要機も利用しないなら必要!
自分は中古ステンレスコインをバラで1000枚買ってます。

買って分かったこと、思ったこと

感想とか色々。

ホールに行きたい欲はさほど減らない

お金を賭けないスロットってどうなの?と思う方は居ると思いますし、自分も中々疑問な所ではあったのですが、やっぱりお金掛けたほうが楽しいです(笑)
お金を賭けてるからこそ、大きくマイナス打ってる所からの逆転劇、完全に勝ち確が決まった時のあの感じ。この後何食べようかなーとか考えるのも堪らないですからね(もうダメだ早くなんとかしないと感)

周りを気にせず1人でじっくり打てるという気軽さ、あと自分は録画しながら打つのが好きなのでそういう面でのプラスもありますが、ホールのような大音量でのプレーが出来ないマイナスもあります。
(3台目のLoVは独特な音が好きなのですが、やっぱり家だとちょっと寂しいです)

ちなみに買って1年半ですが、合計で回したゲーム数は3万G程度です。
プレー時間およそ35hくらい?うーん、少ない……?

部屋のスペース確保がキツい

まあ冷蔵庫を実質3台買ってるようなもんだし…

上記はまだ1台だった頃の写真ですが、自室は四畳半しかないためクローゼットの下段7割のスペースを割いて2台配置しています

おかげで服を置くスペースが激減!(笑)
ハンガーラックを買って、クローゼットの前に置いてなんとか凌いでいます…。

ちなみにクローゼットに3台は無理だったので、残り1台はベットを上げ足してその下に収納しています。入れ替えは大変故に収納すると中々取り出す気にはなれないのでご注意。。

あと、ベッドを上げ足したことでベッドから落ちたモノへのダメージが大きくなったのが地味に痛い所です。以前はスマホを落としても特に何事もなかったですが…

買ってみてさほど後悔は無いが、コスパは悪い

なんせコンシューマ機1台分ないしそれ以上しますからね。

まあアミューズメント機という派手な物体が家にあるというのは中々面白いものです(適当)

自分の楽しみ方としては、実機をぶん回す他に配信環境を整えたりする方向にも向いていたりします(後述)。結構色々買ったりもしましたし。

自分の部屋(四畳半)に4台以上飼うのはキツい

スペースの問題ではなくて、建築基準法的にです。

…というのも2台置いた所で「これ床抜けたりしない……??」

と思いはじめまして…なんせ1台30kg超だし。

それで調べた所、1平方メートルあたり180kgが最低基準だそうです。
今は3台あって90kg、コイン1000枚に各種機材があって、その他既存のPCなり何なりに自分の体重も踏まえると………

まあ四畳半は2.7m×2.7mだそうですが、ピンポイントの1㎡に絞るとMAX180kgは超えそうなので…4台はやめとこう…という感じです。

ちなみに基礎に補強を入れれば耐荷重を倍以上に出来るようです。
家を建てるときのために覚えて置きましょう(そんな日は来るのだろうか…)

これからの家スロ計画

既に結構な出費をしてる割にはそんなに遊んでないしもう懲りたやろ……

と思うかも知れませんが、もう既に狙ってる6号機があります。_(:

が!!

ご覧の有様ですよ!いつ買えるようになるやら………
もし買えたら、 設定ごとに詳しい挙動のデータを取りたいですね。

他に計画としては、気が向いたら配信もやってみようかな…。

最後に

でかいし重いし結構高いし処分も億劫だけど買うのは簡単だし設置環境が大丈夫で興味があったら買ってみるのも良いかもね(すごく適当)

あと、これを見ているスロットを打たない人で「好きな版権がスロットになっててちょっと興味が……」というような方がもし居たら、まずはお店(出来ればゲーセンではなくホール)で実機を打ってからが良いと強く言っておきます…(苦笑)
ゲームとしては独特というか単調だし、やっぱ家でそれなりに楽しく打ててるのってホールでの体験があってからこそと思うんですよね。

しかしながらアニメのタイアップ機とかだと、大抵は元の演出を切り貼りしてパチスロ的にそれっぽく仕上げられるため、その辺気にする人にもあまりオススメ出来ません。(例えばゆゆゆだと、満開って本来相当覚悟の居る行為な訳ですけど、スロだと1セット5Gの上乗せ特化ゾーンつまり叩きどころなわけで)

というわけで前半戦ここまで…

以降、自分が色々触ってみた内容をまとめますが、
ぶっちゃけ外部で情報をほとんど収集せずにやった事ですので、ちゃんと調べるとより良い方法は見つかるかも知れません _(:

付録1: データカウンターについて


A-SLOTで購入したPC用データカウンターであるDIGI-COUNTER、各種表示項目をそれなりに自由にレイアウト出来て便利ではありますが…
上でも記述したようにWinFormsで実装されています
WinFormsって確かCPUレンダ(のはず)ということもあって……

・表示項目が増えると基本的に重く、アニメーションを有効にすると尚重い
・CPUが貧弱なPCだと軽量モードでも動作が厳しい

最初は手元に余っているECS-LIVAで常時データを取ろうと考えたのですが、
困ったことに気づいたらカウンターがフリーズしている事がありました…。

んで、あれこれやって出来たのがこれ。色々すっ飛ばしてますが、実機映像の両サイドに表示しているのがお手製のデータカウンターです。
C#+WPFで作成。

先に書いときますと、公開はしてません…自分ですら使い方忘れるくらい雑な作りなので。。(あとWPF一切触ったことなくて色々アレ)

ただ、実機に繋げるデータカウンターのモジュールについては、デバイスマネージャを確認すると、USB-IO2.0(AKI)使用されていたため、これでググるとC#で信号を拾うコードがいくつか見つかります。自分はこれを参考に作成しています。

その他に使われている半導体も確認しましたが、全部で1500円しないくらいで手に入るようです。…が、電子工作って失敗するといとも簡単にハードごと死ぬような代物なので、もう1個欲しくなっても自作するかは悩むかなあ…という感じです。

付録2: コンバーターの最適解を考える

今までに実機3台、どれも4ch機を購入したのですが、
コンバーターから取得した音を聞いてみて、

「なんか音悪くない…?」

とぶっちゃけ思っていました。
全体的に聞こえが明瞭でないというか、所々ノイズが乗ったりしており、例えばウィッチクラフトワークスだとART中はボーカル付きでOP曲(Divine Intervation)が流れる訳ですが、なんか音がちょっと割れてたりもする…と。付属のボリューム、基盤のロータリースイッチ、コンバーターのボリュームを弄っても改善されず。

で、あれこれ試して思ったこととして…

「これって、スピーカーに流してる電流を直で取ってミックスしてるから問題が起こってるんでね…?」

というのも、コンバーターに2chずつ接続してそれぞれ録音してみたんですが、
上のスピーカーが低音寄り、下のスピーカーが高音寄りなだけで、どちらも同じ音が鳴っていました。そして2chだけ出力している時は音が良い。

■マルチトラックレコーディングにおける位相問題をおさらいする | SOUNDEVOTEE.NET
https://soundevotee.net/blog/2017/03/28/phase_issue_with_multitrack_recording/

音周りは詳しくないのですが、こちらのサイトで説明されている、コムフィルタリング効果が起こっているのかなあと…

実際、2chずつ拾ってDAWでオールパスフィルタを噛ませてみたらある程度聞こえは良くなりました。ただ、混ぜないほうがやっぱり良かったけど。

というわけでコンバーターの最適解は
2chだけコンバータに出力して残りは内蔵スピーカーのまま(or外す)がベスト!
EQがあるとなおよし!

……と言い切れないないのがまた難儀な所なんですよねー(‘-`
というのも機種によって音の出し方が違う可能性もある訳ですから…どうせフロントにしかスピーカー無いし多分どれも変わらない気はするけど…

奥の台に写ってるのがEQ。手前の台に載ってるのはミキサーだけど、結局使わなかった。

というわけで、うちの構成は以下のような感じです。

[実機] – 2chのみコンバータに接続 – [スプリッタ] – [EQ] – [PC]
                 └ [外付けスピーカー]

こんな感じで、実機で音を出しつつPCにもいい感じで出力出来ているのではなかろうかと。

ちなみに↑で貼ったLoVの動画は音悪くね?と思うかもですが、あれの音源は4ch全部引っこ抜いて記録したものです…。スミマセン。

早く8chの某6号機買いたい………

付録3: 録画/配信環境について

配信する予定は今の所ないのですが、するのであれば↑にアップしたLoVの動画のような感じでやると思います。というか、環境はほぼ完成していますね。

動画はOBSで録画しているため、ストリーミング配信にスイッチするのはかなり簡単。ただ、スロットのリアルタイム配信って中々退屈な気はしますが…(笑)

ちなみに映像はどうやって撮ってるかと言うと…

丁度スマホアームを固定できそうな箇所があったので固定して…(※2個ついてる意味はない)

こうじゃ!

カメラのとこ何がどうなってるかと言うと、Webカメラが取り付けられるように端を切って、穴を開けて1/4インチネジで固定してます。付けてるカメラはLogicool BRIO C1000eR。
頭の部分だけ切り離せて、画角が90度あるので実機との距離をそこまで取らなくて良く、動画も1080p60fpsで撮れるイイ奴ですが、Webカメラの中ではかなりお高いです。。あと熱が結構するので頭にヒートシンク付けてます。

しかし今の所撮り方の問題もあるのでハッキリとは言えませんが、画質は文句なしに綺麗…と言うわけでも無いような気はするので………CamLinkとか使ってビデオカメラ使う方が良いかも知れませんがお値段…

ちなみにAmazonで画角120度を謳う5000円くらいの某アクションカメラも試しましたが、見事に嘘っぱちだったのでお気をつけください。(静止画でも120無いし、そもそも動画はノイズが凄くて撮れたモノではなかった…)

あとこれ、アームがずれやすいので微調整がすっごいめんどくさいです……
きちんと固定できる方法があれば、ぜひそっちを採用してください…うちはもう部屋にスペースが無くて三脚とかむり…

ソフト面についてはOBSを使っているわけですが、斜めから撮ったものも変形すれば意外といい感じになることが分かったのでそうしてます。
使用しているプラグインはこれ↓

■StreamFX (for OBS Studio) | OBS Forums
https://obsproject.com/forum/resources/streamfx-for-obs-studio.578/

欲を言えば、確かGIMPにあったような気がするんですけど、4点指定して自由変形が出来るようになれば調整は楽かなあと思います。このプラグイン、なかなか調整が大変なので…もしご存知のかた居られたらぜひ…… _(:

付録4: プチ防音対策

実機で一番煩いのって、スピーカーの音量MAX以外だとコインの払い出し音で、これが夜中同居人が寝静まった環境だとかなり厳しい大きさだったりします。

聞いている限り、ホッパーから射出されたコインが下皿を通るまでに、プラスチックで出来たルートを何回もぶつかった時になっている音が特にでかい。

というわけで陶器とかに撒いてあるやつ敷き詰めてみたよ!!
もっと内側の方も結構しっかり敷き詰めてるよ!

結論から言うと4枚重ね程度では効果がなく、更に言うとコインがうまく排出されなくなりました。更に言うと結局のところホッパー自体も中々煩いので素直に夜中はコイン不要機を使いましょう結論になりました(死

あとは、こういう物も作ったりしてました。
これは何かというと……

これのこと。(図面は一部だけど)
コネクタの先にスイッチがついた基盤があって、スイッチを切り替えることで内蔵スピーカーとコンバータを切り替えれる品物です。何がしたいかって言うと、ドアを開けていちいち配線を変更する事なくスピーカーを切り替えたい。

一応試作品は上手く動作したのですが、今は全くノータッチです。何せ作るのがめんどくさすぎる上に、これこそ一歩間違えると筐体を一撃死させる…どころか最悪家が燃え兼ねないので……(というか何故作った

盲点だったのが、機械によって使ってるコネクタが全然違ったことです。作ろうと思ってる人は気をつけてね(?

付録5: 10円玉加工を加工

最初の2台は10円玉加工により、10円玉によるプレーが可能となった訳ですが、上でも書いたように10円玉って手に匂いがついて嫌なのと、微妙にコインが小さいことから投入に若干コツが居るという難点がありました。

なので普通のコインが使えるように戻してもらおうと思ったのですが、問い合わせた所「実機を送ってもらえれば5000円で戻します」と回答いただきました。

5000円は気にしないとして、実機を送るのが面倒すぎるので自力で解決することに…

何とかセレクターを外したところで構造を見てみたのですが……
なんとこれが意外と簡単に戻せそうということが判明。

画像が上記しかないのでわかりにくいですが、手前の鉄板をスライドさせることで、許容するコインの大きさを設定する仕組みでした。
ただ、セレクターは機種によって違うようなので、他はそう上手く行かないかも…?

しかし、1台目の10円玉加工については、↑のドライバーが指している出っ張りの部分が意図的なのか手こずったのか削れていて、10円より厚いコインが通らなくなっていたので、下記のようにレゴブロックの薄いやつの頭を更に削ったモノを噛ませて調整したりしました……

しかしながら、仕組みは簡単なのでこれをベースに100円玉加工とかもできそうですね。銅じゃないのでそっちの方が貯金箱としては良いかも。1000枚用意するのに10万掛かりますが………

余談ですが、最近の機種いくつか(まど3とか)はではコインの柄までチェックするそうなので、今後はこの辺の事情は変わってくる…かもですね。

最後の最後に

これの他には、最近だとコインの出し入れが面倒なのでFRP管を買って裏に通して…とかやろうとしてますが、結局不要機で良いような気もして放置中…等々やっていたりと、恐らくちょっと変わった家スロライフを楽しんでいる感じです。

ざっと書いていきましたが、何かの役に立てれば幸いですね。
文章を書くのは得意ではないので色々アレかと思いますが、読んで頂きありがとうございました _(:


気ままに

色々あって閉鎖状態になっていましたが、
色々あって一応それっぽいものが表示される形にしました。

色々の例1:
Google「お前5ヶ月広告表示しとらんやんけ!あと30日表示しなかったら垢消すで!」

…ということでなんか現時点ではアレな感じですが
書けそうな事が無いことはないので気が向いたときに記事書きます… _(:3